ホーム > タグ > Objective-C

Objective-C

画面遷移のやり方|iPhoneアプリ開発

巷ではナビゲーションメニューからの遷移ばっかりなので、
以下、ボタンクリックで画面遷移する方法です。

アプリでよくあるトップ画面(表紙)をクリックして、
メインメニューへ移動?みたいな動きを作っていきます。
(Xcode バージョン3.2.2)

?1.新規Xcodeプロジェクトを作成

Navigation-based Applicationを選択して、作成。
プロジェクト名は「GSTest」としましょうか。

画面遷移のやり方01

画面遷移のやり方01

2.2枚目のViewを作成

左側ツリーメニュー、「Resources」を右クリック→追加→新規ファイル。
「UserInterface」→「View XIB」。ファイル名は「secondview」で。

win_change02

画面遷移のやり方02

もっかい、今度は「Classes」を右クリック→追加→新規ファイル。
「Cocoa touch Class」→「UIViewController subclass」。
ファイル名は同じく「secondview」で。

画面遷移のやり方03

画面遷移のやり方03

さくさくいきましょう!
新しく出来たsecondview.xibをダブルクリックして開きます。

Interface Builder(以下、IB)が立ち上がるので、
File’s Ownerを選択状態にして、InspectorのIdentityを表示。
Classの所に、先ほど作ったsecondviewを選択します。

こんな感じ↓

画面遷移のやり方04

画面遷移のやり方04

で、さらにFile’s Ownerを右クリックして黒い画面。
viewの横の○をドラッグして、Viewファイルの上に持ってきます。

?離したらこんな感じ↓

win_change05

画面遷移のやり方05

ここまでやったら保存して、2枚目の作業はおしまい。
画面の中身はお好みでいじっといてもらってもいいです。

?3.トップ画面を作成する

はい!ここから本番です。
トップ画面からさっき作った2枚目の画面に遷移しましょう。

XcodeからRootViewController.xibをダブルクリック。
最初はTable Viewがありますが、邪魔なので削除してください。
(Deleteキー押せば消えます)

削除したら、LibraryからViewを持ってきましょう。
File’s Ownerのview Outletがなくなってるので、
心の隙間を埋めるようにさっき持ってきたViewを追加。
そしたらViewにIBでボタンを追加しましょう。

LibraryのObjectsからCocoa Touch→Inputs & Valuesを選択。
Round Rect Buttonを画面上に持ってきます。

画面遷移のやり方06

画面遷移のやり方06

で、またLibraryの、今度はClassesからRootViewControllerを選択。
下にあるActionから「Button_Click」というアクション追加。

画面遷移のやり方07

画面遷移のやり方07

File’s Ownerを右クリックして、Button_Clickの横の○を、
さっき作ったボタンの上に持ってきます。
なんか聞かれるので、「Touch Down(押す)」を選択。

こんな感じ↓

画面遷移のやり方08

画面遷移のやり方08

ここまでいけば設定を保存しましょう。
ただし、このまま保存してもClass Fileには影響しないので、
File→Write Class Filesを選択。
Margeを選択します。

※ちょっとわかりにくかったので補足します。
Write Class FilesはFile’s Ownerを選択状態にしてから行ってください。

画面遷移のやり方08-1

画面遷移のやり方08-1

※Margeんとこ、さらに補足します。

画面遷移のやり方08-2

画面遷移のやり方08-2


Fileから、Write Class Filesを選択。

画面遷移のやり方08-3

画面遷移のやり方08-3


Saveを選んで…

画面遷移のやり方08-4

画面遷移のやり方08-4


Margeを選択。

Margeの使い方は、差異のある行を選択して、
下のプルダウンから、矢印の方向を修正する方に向けてやります。
今回の場合は、全部Choose leftですね。

Class Fileも更新できたらXcodeに戻りましょう。
RootViewController.hを開いて、2枚目のページのヘッダファイルを追加します。

1
#import "secondview.h"

でオケー。
RootViewController.mを開いて、
Margeで追加したメソッド(Button_Click)に、遷移プログラムを追加します。

1
2
3
4
5
6
// 画面定義:initWithNibNameは実際に存在するxibファイル名を入れる事!
 secondview *second = [[secondview alloc] initWithNibName:@"secondview" bundle:nil];
 // 定義した画面へ遷移する。スライドアニメーションはなし。
 [self.navigationController pushViewController:second animated:NO];
 // 画面解放
 [second release];

これでいけるのか!? いや、まだ早いです。
あとはちょっとセコ技ですが、
RootViewController.hをもっかい開いて、

1
@interface: UITableViewController?{

の部分を、

1
@interface: UIViewController?{

に変更してください。
これしとかないと、起動した瞬間に落ちます。

さあ、これでビルドと実行をクリックだ!

どうでしょう?できましたか?

文字列の代入|iPhoneアプリ開発

文字列の代入方法

よく見るパターン:

1
変数名.text = @"文字列";

こんなパターンも:

1
[変数名 setText: @"文字列"];

Home > Tags > Objective-C

Search
東日本大震災義援金

東日本大震災義援金についてのお知らせです。
→  日本赤十字社HP

Ads

Return to page top